×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

改善提案 例について考える | まずはこの第1歩から!

事務の改善や業務改善をどのようにしたらいいのかを考えるときに、他の改善提案 例を参考にすると、簡単にできるときがあります。 いろいろな改善提案 例がありますから参考にして下さい。

スポンサード リンク

改善提案 例について考える | まずはこの第1歩から!カテゴリー項目一覧

世にも非常識な改善 提案 例

世にも非常識な改善提案の事例について考えてみたのですが、・・・。
その前に、世の中には非常識なことがいっぱいあって、なんで?・・・・と思うことがよくありませんか。

しかし、これは私自身が非常識と思っているだけで、他の人は常識の範囲と思っている人が多いのかも知れませんね。

ここには、人の価値観の違い、技術革新によるものなど、常識を上回る世の中の大きな変化があることを忘れてはいけません。

事務を改善する方法も同じで、今まで有効と思われてきて改善 例がまったく通用しなくなったことってないですか。

このときが、今まで常識として考えられてきた改善提案 例が、非常識になったときをさします。

今や世界経済は、目まぐるしく急速に変化し続けています。
国が破綻する時代を迎えようとしているのです。

日本も例外ではなさそうです。日本経済は、アメリカがくしゃみをすれば風邪をひくといわれていますが、それくらい脆弱な経済機能しか持ち合わせてはいないのです。

これで、経済大国といわれているのですから、おかしくて常識では考えられないですね。
経済を支えてきた改善提案の事...

続きを読む

トヨタ生産方式は自動化で効率アップを実現!

改善提案を考える前に、あの有名な世界のトヨタがしてきた改善提案例を紹介します。

トヨタの生産管理はロボットが中心となって業務の効率化を進めてきましたが、
はじめから上手くはいっていなかったようです。

そうでしょうね。

機械による自動化は段階を経て、現在のような精密な機器へと改良されてきたんですからね。

でも、トヨタの生産管理のヒントは、なんと「カウボ-イ」にあるようです。

トヨタの生産ラインも昔は、機器に異常があっても止まることがなく、その後は不良品を出し続けるため、万が一のことを考えて、機器1台に1人を付けて管理していたようです。

これって、人件費のムダですね。
いつ壊れるのか分からない機械に1人必要なんですから経費の無駄遣いといわれても仕方がないですね。

時代の背景から、仕方がないときでもあったので、どうしようもないわけです。

トヨタの生産方式は視点を変えて、機器に異常があったら止めてしまえばいいのだ。
異常停止装置をつけてしまえ!

となったようです。

業務の改善により、1人で何台もの機械を管理することができ、異常時...

続きを読む

PDCA改善 例で何が変わるのか

改善提案の事例を考えるときに思いつくのは、PDCAの手法による提案 例である。

改善提案を考えるときにはQCサークルを作って業務 改善を進める具体例もあるのですが、PDCAサイクルを回すことで、現場改革を進める方法も一つの例として健闘してみるのもいいですね。

経営改善と将来予測をみる上で、いろいろな改善 例を考えて実行してみることで、成長も見えてくるのではないでしょうか。

では、PDCAで業務 改善を成功させるための具体的な秘策を考えて見ましょう。

PDCA


改善提案が成功することで。企業の経営改革及び現場改善が進みますが、その具体例を蓄積していくことで豊富な改善の事例を企業として蓄積し、ノウハウとしての資産を持つことで、経営改善を考えるときの有効な手法が蓄えられることになるのです。

そして、改革や改善をするときには、それらを改善事例としてさらに検討することで、すばらしい業績をあげることがで...

続きを読む

サイトTOPへ

スポンサードリンク

更新履歴

太陽光発電機器費用